トップ > 行事・活動 > 応用化学科昭和35年卒業 クラス会報告
2018年11月26日

応用化学科昭和35年卒業 クラス会報告

日時: 平成30年3月27日(火)12時30分より
場所: 大阪大学中之島センター9階交流サロン「Salon de L’amical」
出席者:池上、浦上、大石、大塚、小田、鴨志田、鴻野、田中、玉置、角田、中村、野中、広瀬、深井、藤原(肇)、松為、松尾、松本、森川、山田、吉川、吉田、米山 (敬称略)以上23名

我々昭和35年卒業生のクラス会は、前回平成27年10月に卒業55周年クラス会と銘打って京都の料亭「菊乃井」で開いてから2年半を経ての開催になった。今回も前回同様、昼間の開催とした。年令が上がるにつれて健康上の理由等で参加者が減じるのは仕方のないことかもしれないが、前回の28名から今回の23名と5名減ったのは、やはり一抹の寂しさを感じざるを得なかった。開会に先立って、この2年半の間に鬼籍に入った上村、田中(良)君の冥福を祈って黙とうをささげた。クラス会は型通りに開会の挨拶と乾杯でスタートし、それ以後は、用意された5つのテーブルを思い思いに囲んでの歓談となった。テーブル間の移動も随時・自由に行って、出席者が互いに近況を語り合うなどで約2時間があっという間に過ぎた。旧交を温めるという目的は十分に達成されたと思われる。クラス会の終了後に約15名がさらに2階のカフェ・レストラン「スコラ」で暫時歓談したのちに別れた。

大阪大学中之島センターを初めて訪れたものも多く、クラス会の開催場所として好評であった。次回は2020年に開催することを申し合わせている。

(米山 記)